Loading

BLOG

[IT留学] 偉人から学ぶ!クリエイティブになる為のヒント

こんにちは。HTインターンのKYOSUKEです!

「Webデザインを始めたいが、デザインのセンスが無いので自信がない。」、
「どんなデザインを作成すればいいか分からない。」と悩んでいる方々、、

心配はいりません!

デザインのパターンやテクニックを知って、優れた作品を分析してみましょう。
そうする事で、デザイン力を身につけることができます!

デザインに自信が無い方でも、努力次第で、
人を魅了できるデザインを作成することは十分可能です!

偉人たちの発想法

まずは参考にして頂きたい、ある偉人の名言をご紹介いたします。

パブロ・ピカソ

代表作ゲルニカで有名な、芸術家ピカソは、この言葉を世に残しました。

Good artists copy; great artists steal.
(良い芸術家は真似をし、偉大な芸術家は盗む。)

ーパブロ・ピカソ

文字通りに、真似する、盗むことは論理や法律に反しますが、学習においての、“真似る、盗む”という行為では意味が異なります。

上記の名言は、人によって様々な解釈があります。

このブログでは、
人の良いところは”真似”してみる。それを自分のもの(“盗む”)にすることによって、偉大な芸術家となれる。
と解釈します。

ピカソを含めた、どんな偉大な芸術家やクリエイターも、
他のアイデアや作品等から影響を受けて、自分なりのオリジナルの作品を制作しています。

スティーブ・ジョブズ

iPhoneやMacBookを生み出した、Apple創設者のスティーブ・ジョブズも、
既に存在しているアイデアを組み合わせることによって、革新的なモノの数々を生み出しました。

例えば、最初に開発したコンピューターは、ゼロックス社(アメリカの印刷会社)のアイデアを参考にして得たといいます。

そしてジョブズは、ピカソの名言を引用した後、

We have always been shameless about stealing great ideas.
(私たちは、偉大なアイデアを盗むことに関して、恥じることはなかった。)

ースティーブ・ジョブズ

と述べています。

実は、ジョブズがスタンフォード大学での、スピーチで発した、
有名な名言、「Stay hungry, Stay foolish.」もジョブズが生み出したのではなく、
「The Whole Earth Catalogue」という出版物から引用した名言なのです。

この名言は、今や“ジョブズの名言”として世に知れ渡っていますよね。
これもある意味、ジョブズが、“真似て、盗んだ”という例の一つでしょう。

スティーブ・ジョブズに限らず、発明家トーマス・エジソンや芸術家サルバドール・ダリなど、他の偉人たちも、
“盗む”ことに肯定的で、他人の優れたアイデアを自分の作品に積極的に取り入れていたそうです。

Webデザインに当てはめてみる

Webデザインでも共通のことが言えます。

ゼロから新しいデザインを作り出そうとするだけでなく、
他のたくさんの優れたデザインを参考にして(真似る)、自分なりのデザインを生み出すこと(盗む)に努めてみましょう。
ちなみに優れたデザインとは、あなたが感じる、「カッコいいな。」、「キレイだな。」と感じるデザインで結構です。

決して、盗作や、無断転載、模写したものをWEB上で公開して、「自分の作品です。」ということではありません。

“真似る”ことに関しては、模写(写し書き)などが良い上達法の一つです。(自分の作品として公開してはなりません。)
ただコピーペーストして、真似るのではなく、

「なんでこの色が使われているのんだろう?」、「なんでこのデザインはカッコよく見えるのだろう?」
心の中で、「Why?(なんで?)」を意識して、優れたデザインを分析してみましょう。

“盗む”とは、このように考えて行動することによって、そのデザインの本質をつかむことです。
それらのテクニックやパターンを生かすことによって、デザイン制作がより簡単になると思います。

ホームページなどのデザインだけでなく、
ファッション、カフェのインテリアや、美術館の作品等から、デザインのアイデアを取り入れることで、さらに創造性が広がります。

是非、日常生活でも、デザインを意識してみましょう!

まとめ

上記で紹介した偉人たちを見ると、

クリエイティブな人 = ゼロから、新しいものを作り出す人
だけでなく、

クリエイティブな人 = 他の優れたアイデアを取り入れて、新しいものを作り出す人
と定義を加えることが可能ではないでしょうか。

盗むために、テクニックやパターンを知る

慣れない間は、
「なんでこのホームページにこの色が使われているだろう?」、「なんでこのデザインはカッコよく見えるんだろう?」
などの疑問を解決するのに苦労すると思います。

でも実は、
人間が「キレイだな。」、「かっこいいな。」などと感じるデザインを分析すると、いくつかのパターンが存在しています。

例えば、Golden Balance(黄金比)
人間が無意識のうちに、最も美しいと感じる比です。

歴史的建造物はもちろん、名画「モナリザ」やTwitterのロゴなど、
魅了的な作品やデザインの多くには、この黄金比テクニックを使用しているパターンが多く見られます。

色にもパターンがあります。

例えば、赤は一般的に、注意を引きやすい色なので、ホームページなどで目立たせたい所に使われる場合が多いです。
青には、見た人に安心、信頼、誠実といったイメージを与えますので、病院や企業のホームページなどで、良く目にする色です。

このように、色によって人に与える印象は様々です。
どの色が一般的に、どういうパターンで使用されているのかを参考にして、Webデザインを行ってみましょう。

インターネットで検索すれば、上記以外のテクニックやパターンは、数多く存在しています。
是非それらを参考にして、優れたWebデザインを分析してみて下さい。

下記のリンクから、色んなWebデザインを見ることができます。
http://muuuuu.org/

Webデザイン制作のコツが掴めてきましたら、
従来のパターンだけに囚われずに、トレンド(流行り)に合わせたデザインを、自分なりに作成してみましょう。

まとめ

Webデザイン制作において、「ゼロから新しいものを作る。」と高度なものを、決して求められているわけではありません。

Webデザインに自信がない方でも、“テクニックやパターン”を知り、そして他の優れたアイデアを“真似て、盗むこと”によって、
デザイン力を身につけることが十分に可能です。

終わりに

デザインは論理だけでなく、人間の感性も関わってくる、非常に奥深いものです。
逆に言うと、
自分の考えや感性を表現できる、貴重な分野でもあります。

是非、CNE1 High TouchでWebデザインの世界に足を踏み入れてみて下さい!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

フィリピンIT×英語留学ならCNE1 High Touch!
ホームページは下記からどうぞ!
 CNE1 High Touch “ENGLISH × WEB DESIGN”

■この記事を書いた人:
KYOSUKE (HighTouchインターン)

[IT留学] WEBデザインとは? 必要なスキルもご紹介します!

[IT留学] 必見!プログラミング学習サイトをご紹介! ~Webデザイン留学前に~

関連記事

  1. [IT留学] IT学習におけるインプットとアウトプット

    2017.02.20
  2. [IT留学]学祭のような、、ファッションショー♪

    2017.06.26
  3. [IT留学]遂にラスボス(!?)に挑みます…!

    2017.05.22
  4. [IT留学] 全て理解する必要ナシ?プログラミングの”意外な”上達法をご紹介!

    2017.03.20
  5. [IT留学]オリジナルlogoができました♪

    2017.06.06
  6. [IT留学]​ “プラン”の重要さ

    2017.07.25
PAGE TOP